風水は占いなのか?

風水と占いの違い

風水は占いなのか。
結論から申し上げると、『占いではありません』。
風水を考えて生活に取り入れている人は非常に多くいます。
風水ブームが巻き起こった時期があり、風水グッズを販売するお店や風水に関する本を取り扱う本屋も一気に増えました。
ですから多くの方が生活に風水を取り入れやすく、現在も運気アップを目的として行っている方が大勢います。

運気アップと聞くと、占いのような感覚を持つ方もいるでしょう。
しかし先に述べましたように、風水は占いではありません。
風水は、一言で言うと『環境学』で、風水で環境を整えることで精神的にも行動力も運気をアップさせることができるとされています。

占いやおまじないではない風水は、果たして何なのでしょうか。
『環境学』は、科学と心理学に基づいた学問だと捉えてください。
東洋哲学に分類される学問で、きちんとした根拠があります。
何事にも環境は良い方がいいのですが、そのために環境をより良く変える方法を学ぶのが風水です。

『環境を整える → 行動力のアップ → 効率アップ → 生活や人生の向上』

上記のような効果があり、価値観や考え方が変わることで成功を掴みやすくなり、人生そのものが変わるというわけです。

占いは、過去現在未来のことを知りたい場合に使われ、物事の吉凶を占うこともできます。
しかし時として凶を回避するために物事を我慢したり、断念しなければいけないこともあります。
その点、風水は未来を知り、未来を変えるために行うことができるのです。
風水は、能動的に未来を変え、成功を掴むことができる学問なのです。

達成したい目標に向かって行動し、結果を出すためには最善の環境が必要です。
その環境を作るのが風水なのです。

家の運気を上げる風水

環境学である風水は、家族の運気をアップすることにも役立ちます。
家の中の気を整えて、受験や出世、金運などの運気をアップさせることができます。

運気アップには、掃除は不可欠です。
汚れが溜まった状態や、散らかったままでは、悪い気が滞ってしまいます。
ですから、掃除をしていない家の中に、どんなに素晴らしい開運グッズを置いたところで、その効力は発揮できない場合もあります。
良い気を巡らせて、家族の運気をアップするためにも、家の中を清潔にし、整理整頓をしっかりと行いましょう。
そうすることにより、家族が職場や学校できちんと評価され、実力をしっかり発揮できるようになるのです。

玄関は、出入りする場所ですので非常に重要です。
良い運気が入ってきて、悪いものは出ていかなければいけません。
玄関が汚れたままでは、悪い運気の吹き溜まりとなってしまいます。
不要なものは置かず、靴は収納し、すっきりと広く整理するようにして下さい。
玄関を掃除することで、良い運は家の中まで巡ります。
玄関マットや観葉植物を置くと悪い気を吸ってくれるので、置くと良いでしょう。
ただし、真正面に鏡を置くと気を跳ね返してしまいますので、ズラすか横向きになるように置くと良いですね。

次に重要なのが、寝室です。
寝室は疲労を取る場所ですので、仕事や勉強の効率に関わります。
物が散らかっていたり不衛生では、疲れが取れるどころかますます疲労を蓄積してしまいます。
また、鏡がある場合は、寝るときには布を被せるなどして見えないようにしてください。
鏡に映る自分に運気を吸い取られると言われています。

また、眠るときには、通帳や財布を北の方角に置くと金運がアップするとされています。
財布の中のお札の向きを揃え、財布の中はキレイに整理整頓してください。
そうすることで金運や仕事運がアップします。

人間関係の相性を良くする風水

人は、不衛生で散らかった場所にいると、心が澱み表情も曇ります。
逆に、整理整頓された清潔な場所にいると、心が晴れ晴れとして表情も明るくなります。
良い人間関係は良い環境で生まれ、会話が弾んで楽しい時間を過ごすには、やはり整理整頓された清潔な環境が大切です。
整理整頓された清潔な環境は、良い運気が巡っています。
同時に同じ空間にいる人には、良い運気が入っていきます。
仲良くなりたい人と一緒に過ごすのは、整理整頓された清潔な環境である必要があるということです。
もしも不衛生で散らかった場所に一緒にいても、心は曇ったまま心から楽しい時間を過ごすことはできないでしょう。
ギクシャクした人間関係が気になっている場合や、相性を良くしたい相手がいる場合は、部屋の掃除をするなど、環境を見直してみると良いでしょう。

特に、水回りの排水溝が汚れていると、悪い運が家中に充満すると言われています。
見た目にキレイなだけでなく、見えない場所も清潔に保つように心掛けることで、人間関係も円滑になりますし、一緒に過ごす人にも良い運気が入っていきます。
良い運気が入っていくと、その相手は一緒にいて心地よいと感じますので、縁を結ぶことにも繋がるでしょう。
良い人間関係は、整理整頓された清潔な部屋から生まれると言っても過言ではないでしょう。

運気アップは継続することが大切

風水で運気をアップしようと考えて、風水グッズを揃え、部屋中を掃除し、見えないところも全てキレイにしたとしても、それが継続されなければ意味がありません。
運気アップは一瞬で叶うものではありませんし、せっかくの風水グッズも埃まみれになっていては効力が発揮されることはないでしょう。
それぞれに、様々な目的があって風水を始めますが、目的は何であれ、いずれも継続することが大切です。
神経質になってそれが負担になるようでは、それ自体が幸せとは程遠いものになってしまいますが、負担にならない程度にキチンと掃除と整理整頓を継続させることは大切です。
家の中に気持ちを巡らせること。
これこそが運気をアップさせる方法の一つだと言えるでしょう。
風水は、常に家の中に気持ちを巡らせることに繋がります。
汚れていないか、埃は溜まっていないか、風通しはいいかなど、運気アップには気を巡らせることも大切な要素の一つとなるのです。
環境学である風水は、方角と色、どんなものを置くかで運気を上げる方法ですが、そのどれもが“ただ置きっぱなし”では意味がないということです。
運気をアップさせるためには、掃除や気配りを継続させること、気を巡らせることが重要です。

«
»