占いの帝王:四柱推命

最も当たる占い・四柱推命

人は不安や迷いを打ち消すために占いに頼ります。
現在も様々な占いがありますが、そんな中でも最も当たると言われているのが占いの帝王『四柱推命』です。
命式表の見方を覚えれば、自分のことはすぐにでも占えるようになりますが、他人のことを占うとなると簡単ではありません。

四柱推命は、古代中国で生まれた“陰陽思想”と“五行説”『陰陽五行説』から生まれたものです。
ベースには『世の中の事柄や物はすべて陰と陽に分かれる』という考え方と『木、火、土、金、水の5つの要素で構成されている』という考え方があります。
ですから四柱推命は、人間も『陰と陽』『五行』に分けることから始まります。
人の生年月日時を四柱に置きかえ、『陰陽』『五行』の要素にを見ていきます。
四柱推命の考え方に、“人間を決定づけるのは誕生日である”というものがあるのです。
生まれる日は、誰も選ぶことはできません。
生まれた瞬間は産声を上げ、すぐに自分で肺呼吸を始めます。
このときに体内に取り込んだ空気が含む要素(陰陽、五行)が、その人を決定付けるものとなるのです。
つまり、生まれた日によって性格や癖などが決まり、生き方までも決められてしまうのです。

四柱推命で分かること・運勢、性格、恋愛、相性

四柱推命では様々なことを占うことができます。
自分の性格や気になる人の性格、恋愛運や相性など、非常に幅広い内容で占うことができます。
四柱推命は基本さえ覚えれば、様々なことに応用できるということですね。

四柱推命のポイントは『命式表』です。
四柱は4つの柱を意味しており、“年柱”“月柱”“日柱”“時柱”から運勢を占います。
『命式表』は、生年月日と生まれた時間によって示されており、そこで鑑定をしていきます。
命式表さえ正しく造られたものであれば、正確な運勢を占うことができるということです。
 
命式表には様々な言葉が出てきますが、その意味を合わせてお話ししていきます。

・干支・・・“干”は空間を表す言葉で、陰陽五行にある5つの気を表しており、“支”は時間を表すもので、十二支で表します。

・蔵干・・・日干と月支に導かれた“干”を表します。

・通変星・・・“干”と“干”の組み合わせで生まれた気の象徴を表します。

・十二運・・・“干”と“十二支”の組み合わせで生まれたエネルギーの質や強さを表します。

生年月日で分かること

四柱推命は、生年月日と生まれた時間で占いますが、生まれた時間を知らない方もいるでしょう。
分からないときは、四柱を三柱にして運勢を占うことができます。
また、四柱が三柱になったところで、的中率にはそれほど影響はありません。

四柱推命で使用する命式表は生年月日から導かれたもので、タイプごとに運命を見ることができるものです。
そして命式表と自分のせい年月日を照らし合わせて、占うことができるのです。

◆生年月日で分かること

・年柱・・・祖先に関すること、幼年期の運と仕事運

・月柱・・・両親に関すること、青年期の運とプライベート運

・日柱・・・自分に関すること、配偶者の運と壮年期の運

・時柱・・・子どもに関すること、晩年期の運

お分かりいただけたでしょうか。
このように分けて見ることで、様々な角度から運命を把握することができ、自分を中心に家族との関わりと知ることができるのです。

インターネットの無料四柱推命は当たるのか

最近はインターネット上に無料占いサイトがたくさんありますが、四柱推命の無料占いもその中に含まれていますね。
しかし他人を占うのは難しいとされている四柱推命が、そんなに手軽に無料で行うことができるのでしょうか。
インターネット・無料というところのイメージからでは、四柱推命の重さを感じることはできませんね。

しかし四柱推命は命式表が全てですので、命式表さえ正確なものであれば、全く問題なく占うことができます。
もちろん当たります。
ただし、占う内容を選べないことが多いため、物足りなさを感じることもあるかもしれませんね。
初めて四柱推命に触れる方には、良いアイテムではないでしょうか。

四柱推命で適職を知る

本来四柱推命は、古代中国では人事登用のための占いとして宮廷などで用いられてきたものです。
その人物が生まれながらに持っている素質や能力を四柱推命で占い、その人に合った持ち場に人を配置することが目的だったのです。
今で言えば、人事部が人事異動をするときに用いる占いと言うことですね。
四柱推命はそれだけ信用度が高く、古来から社会に浸透した占いで、実は日本の企業でも人事コンサルティングに利用されることがあります。
生まれ持った適職ですから、本人の望む職業ではない場合もあるかもしれませんが、本来の能力を発揮することができる適職だということですね。
現在、「就いている職業が合っていない気がする」と思う方は、是非、四柱推命で適職を占ってもらってください。
持って生まれた能力は、必ずしも自分で気付いているとは限らないのです。

«
»