スピリチュアルで片思いを占う

相手の気持ちを知りたい

片思いをしている人にとって、相手の気持ちは「知りたい」ものであり、「知りたくない」という心理も働くかもしれませんね。
相手の気持ちを確かめるには本人に訊くのが一番ですが、そのためには自分の想いも伝えなければいけません。
それまでの関係を壊したくない、万が一断られた場合は気まずくなってしまうかもしれない、そんなことを考えるととても気持ちを訊くなんてことはできませんね。

片思いの相手の気持ちを知る手段として、占いがあります。
相手の人の生年月日やフルネームを知っているなら、占うことは可能です。
片思いは結果が分からず、先も見えません。
精神的には最も不安定になる要素を含んでいます。
好きな人ができて恋をすることは人をハッピーにしますが、不安定にもさせるものです。
考えすぎて落ち込んでしまったり、悲観的になったり。
或いは、一言二言言葉を交わしただけで心がウキウキしたり、相手の方から話しかけられて1日中ハッピーになることもあるでしょう。

引き寄せの法則で片思いを成就させることはできるのか

引き寄せの法則をご存知でしょうか。
引き寄せの法則とは、いわゆる『思い続けることで願い事を叶える』ということです。
例えば、お金持ちになりたい場合は、自分がお金持ちになったと思い込むことで本当にお金持ちになることができる、というものですね。
自分がお金持ちだと思い込むことで、お金持ちの波動が自分から発せられます。
その波動を以て、お金持ちになる状況が引き寄せられるというわけです。
ですから、「お金持ちになりますように」ではダメなのです。
「なりますように」は「お金持ちではない」ということですので、「お金持ちではない」波動が発せられてお金持ちではない状況が引き寄せられてしまいます。

では、片思いの相手を引き寄せの法則で振り向かせることは可能なのでしょうか。
恋愛においても、自分と同じ波動を持つ人に惹かれたり、相手に好まれたりするものです。
ですから可能性はゼロではありません。
しかし恋愛や結婚に関しては縁が結ぶ関係でもありますので、一概に思い続けることで引き寄せることができるとは言えない部分があります。
どうしても諦めら切れない場合は、一つだけ引き寄せる方法があります。
それは、相手の幸せを願うことです。
相手を振り向かせたい、付き合いたい、という思いではなく、相手に対して「幸せになってほしい」という気持ちを持ち続けることで、相手の幸せを願う波動が発せられますので相手にとっては非常に心地好い波動を感じることができるでしょう。
自分の幸せを願う人に対して、人は徐々に心を開き安心感を感じることができますので、両思いになることも期待できるでしょう。

告白のタイミング

では、告白をするとしたら、どんなタイミングで告白したら良いのでしょうか。
こういうときこそ占いを利用しましょう。
まず、相手の運勢を占います。
相手にとって、最良の運気の日を選びましょう。
心身ともにコンディションの良い日を選びますが、何か大きなことを控えているときは止めておきましょう。
大きなことを控えているときは、本人の気持ちもそちらへ向きますが、運気も同様にそちらの方へ流れてしまいます。
告白をしたところで、箸にも棒にも掛からないでしょう。

また、自分自身の運勢も占ってください。
自分が何かを得る運気のときよりも、相手に何かを与える運気のときの方が良いでしょう。

ただし、何度告白をしても成就しない恋愛もあります。
スピリチュアル的な捉え方として、現世で縁がない相手なのか、どちらかのカルマが恋愛を成就させることを邪魔していることもあります。
また、成就させたい思いが強すぎて、相手にとっては『気持ちをコントロールしようとしている波動』を感じて警戒しているのかもしれません。
いずれにしても相手のあることですから、独りよがりにならないように気を付けなければいけませんね。

タロットカードで占う片思い

しかし片思いを長く続けていると、「このままでいいのか」「もう諦めた方がいいのか」など、悩むこともあるでしょう。
そんなときはタロット占いで、本当の自分の気持ちに耳を傾けてみましょう。
タロット占いは相談者の心を共鳴することができる占いです。
表面の気持ちだけでなく、自分でも気づかない深層心理がカードに現れるため、本当の自分の気持ちに気付くことになるでしょう。
また、現在の状況に加えて未来を知ることもできますので、合わせて結果を出すことができます。
さらに相手に思われているかどうか、或いは相手との関係の中での感情の動きなども見ることができます。
タロット占いをするときには、より正確な結果を出すためにも心を落ち着かせて行うようにしてください。
占い屋に行くときには、できれば一人で、どうしても誰かに同伴してもらうときには信頼できる人に同伴を頼んでください。
また、結果が不本意なものであっても、きちんと受け止めなければいけません。
結果が変わることを期待して何度も占う人がいますが、タロット占いに関しては何度も繰り返し占うことで、結果の信憑性が浅く薄いものになってしまいます。

«
»