人生を占う

人は使命を持って生まれてくる

人は必ず、この世に使命を持って生まれてきます。
現世で果たさなければいけない役割は、生まれる前に決められているのです。
残念なことに、その記憶は生まれた瞬間に全て忘れてしまうのですが、導かれるように使命を果たす機会を得ることができるでしょう。
しかし、その機会を活かすことができるのか、通り過ぎてしまうのかは、その人次第です。

人は誰でも「なんのために生まれてきたんだろう」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
人によっては、『金儲けのため』『モテるため』『地位と名誉を手に入れるため』『セレブな暮らしをするため』など、そのために頑張る方もいます。
それが悪いというわけではありませんが、生まれ持った使命は自分の欲とは無縁のところにあるものです。
結果的に豊かになることはありますが、豊かになることが目的になることはありません。
このような欲に支配された人生を歩んでいると、ある時突然、「こんなことをしていていいのか」「これが自分の人生なのか」などと考える時期が来るでしょう。
このように感じるキッカケとなる出来事が起こったり、何かに引き付けられるように急に目覚めたりするものです。
妙な焦燥感を感じたり、「このままではダメだ!」と感じることがあったら、それは使命を果たしていないのかもしれません。

使命を果たして生きてきた人は、例え経済的な苦難や精神的な苦労があっても、「自分の人生はこれで良かったんだ」「後悔はない」と納得できる時期が来るものです。

人生の転機の前触れ

人は生きていく上でたくさんの転機を迎えます。
進学や就職、結婚や出産などがそうですね。
ほかにも恋人との出会いや別れ、転校、転職など、一生のうちに何度も転機を経験するでしょう。
実は人生の転機には必ず前触れがあることをご存知でしょうか。

・辛いことが起こる
・疎遠になっていた人との再会
・好きだったことや興味があったことに興味を持てなくなる
・寝ても寝ても眠い
・新しい洋服やバッグや靴がほしくなる

上記は全て人生の転機の前触れです。
中でも『辛いことが起こる』のは、辛いことが大きな出来事ほど大きな転機となります。

人生の大きな転機となる数ヶ月前には、ものすごく辛い出来事が起こることがあります。
例えば、身内の方が亡くなったり、大きな病気になったり、事故に遭う、人に裏切られる、会社が倒産するなど、人によっては人生のどん底を味わうような辛い出来事を経験することがあります。
このような辛い出来事が起こるのは、その後に起こる大きな人生の転機に備えて軌道修正をしているということです。
ですから辛いことが起こっても、それを「バチが当たった」などと捉える必要はありません。
辛い出来事を「起こって良かった」などとは思えるわけはありませんが、必要な出来事だったと捉えることが必要ですね。

大切なことを決めるとき

人生にはいくつもの節目があり、大切なことを決断しなければいけない場面があります。
スピリチュアルでは、そうした決断力を必要とする場面が魂の成長に大きく関わると言われています。
もちろん、『どう決断するか』も大切ですが、重要なのは『誰が決断したのか』ということです。
『人の褌で相撲を取る』という言葉がありますが、自分の人生を人の決断に委ねてしまうのは、非常に残念な行動です。
人生における大きな決断には、進学先や就職先の決断、結婚の決断、引っ越しの決断、家や車など大きな買い物をする決断などがあります。
決断が人の人生の分岐点となることが多いため、慎重になる場合が多いでしょう。

ただし、どうしても決断できない場合は、占いを頼るのも一つの方法です。
占いは、誰かに決断を委ねるのとは違います。
占いは運勢や運気を見るものです。
ですから、元々その人が持っていたものを見て、結果を提示するのが占いだということですね。
大きな決断をする際に、どうしたらいいのか迷った場合は、占いを利用するのも一つの方法ですね。

タロット占いで未来を見る

仕事や恋愛で息詰まると、そのことに関して未来はどうなっているのか?を知りたくなることがあるでしょう。
『未来には成功しているのか』『このままいくと結婚するのか』『AさんとBさんのどちらと付き合っているのか』『幸せになっているのか』
もしもこのようなことが分かるのなら、知りたいと思う方は多いのではないでしょうか。
タロット占いでは、未来を占うことができます。
未来は、明日のこと、2~3日の間のこと、2~3年の間のこと、10年先のこと、など期間は決まっていません。
タロット占いでは、その期間を決めて占うことができるのです。
ですから10年後が知りたい場合でも、明日のことを知りたい場合でも、いずれもタロット占いで知ることが可能です。
タロット占いはカードを使って占うもので、相談者の心に共鳴して占い結果を導き出します。
ですから同じ内容で何度も占うことで、結果は浅く薄いものになっていきますので、気を付けなければいけません。
例えば、明日のことを占うのであれば1日に1回、1年間のことを占うのであれば1年に1回だけ占うのが理想ですね。
また、タロット占いを行うときは、真摯な気持ちで向き合うことでより正確な結果を導き出すことができるでしょう。

«
»