易占いのお話し

古代中国から伝わる易とはどんなもの?

『易占い』は、古代中国から伝わる森羅万象を基盤とした占いで、ベースとなっているのは古代中国から伝わる儒教の経典“易経”です。
古くから日本でも馴染みのある易占いですが、意外と詳しく知らない方が多いようです。
森羅万象を捉えた易占いは、全ての要素を“大極”とし、“陰と陽”の2つに分け、“八卦”という8つの要素に分けます。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉をご存知でしょう。
その“八卦”です。
占うときは八卦×八卦で『六十四卦』の要素を使用します。
筮竹(ぜいちく)という細い棒を50本使って占う姿は、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

易は非常に古いもので、紀元前3000年以上前の古代中国神話に登場する神様が『八掛』を編み出し、さらに『六十四掛』としたのです。
日本で行われている易占いは、『周易』という方法です。
筮竹(ぜいちく)を使い、八卦の『乾 (けん)・兌(だ)・巽(そん)・坎(かん)・離(り)・艮(ごん)・震(しん)・坤(こん)』の要素で占います。
本筮法は時間がかかるため、中筮法や略筮法などの方法を使います。
50本の筮竹を使用して1回目の八掛を導き出した『内掛』と、2回目に導き出した『外卦』を合わせた『大成卦(本卦)』、さらに3回目に導き出された『変爻(動爻)』に基づいて解釈します。
筮竹(ぜいちく)ではなくサイコロやコインを使用する場合もあります。

易占いで使う道具

では、易占いで使う道具についてお話ししましょう。

易占いで記憶にある姿と言えば、竹串のような細い棒をジャラジャラと鳴らすイメージではないでしょうか。
先述にもありますように、この細い竹串のような棒を『筮竹(ぜいちく)』と言います。
易占いでこの形が出来たのは周の時代ですが、当時は『蓍(めど)』という小さな低木の多年草を使っていたのです。
現在の『筮竹(ぜいちく)』は竹を細く加工したものです。
いつの間にか『筮竹(ぜいちく)』を用いるようになったというわけです。
筮竹は50本を1セット、長さは様々ですが25cm~50cmとなっています。
現在も普通に販売されていますし、ネットなどの通信販売で購入することもできます。
占いは見た目も重視されるため、おしゃれなものが好まれるようになり、高級な竹を材料にした高級筮竹も増えています。
高級なものになると混ぜたときの音が素晴らしく、手触りも非常に良いものとなっています。

また、筮竹とセットで用いられるのが『算木(さんぎ)です。
算木は占い結果の陰陽を記すための道具で、四角い木の棒状をしています。
江戸時代の日本では、数学者たちがそろばんと同様に算木を使って数学を発展させたと言われています。
算木の中央には印が付けられており、印が付いた面が『陰』、印がない面は『陽』となっています。
ただし、紙やペンで代用することも可能ですので、絶対に必要だというわけではありません。

易占いで恋愛を占うことはできるのか

では、易占いではどんなことを占うことはできるのでしょうか。
森羅万象を読み解く易占いでは、非常に幅広い範囲で物事を占うことができます。
総合運はもちろん、仕事運、金運、健康運、転居や旅行運、人間関係、未来の吉凶、そして恋愛運や結婚運も占うことが可能です。
さらには、失くした物を探し出すことにも適しています。
ただし、先のことは1年程度しか見ることはできません。
例えば、10年後20年後のことを占うことには向いていませんね。
ですから、現在のパートナーと将来的に結婚することができるか、ということを占うことはできません。
ただし、「この恋愛は上手くいく」ということや「この人はあなたに合っている」ということなど、現在の状況や相性などを見ることには向いているでしょう。

易タロットとは

タロット占いをご存知の方は多いでしょう。
では、『易タロット=イーチンタロット』をご存知でしょうか。
イーチンタロットは『易カード』のことで、易の64卦を全てカードにしたものです。
易の卦を解釈するのは難しく、初心者には少々難題となってしまいます。
そこでカードにし、描かれている絵を見ることでその意味を覚えやすくしたというわけです。

しかし筮竹で占っている姿を易占いだとイメージしている方にとっては、易カードは易占いとしてはピンとこないかもしれませんね。
ただし、絵が描かれていることで素人や初心者の方にも理解しやすく、占い結果の解説もしやすいでしょう。
易は主に変化を見る占いですが、初心者が解説を上手くできるようになるまでは、カードの方が楽に占うことができるかもしれませんね。

易占いを仕事にするには

易占いをする人を“易者”と言います。
易者は易占いを仕事にしている、プロの占い師ということです。

易者になるためには、特別な資格は必要ありません。
ただし、易占いを行うことができないと、易者にはなれませんね。
まずは易占いの勉強をしなければいけません。
また、日本には占い師協会などの団体がありますので、そういったところへ加盟することで、仕事をする場所を提供してもらえたり、仕事の相談をすることができます。

易者の仕事は相談者を占うことですが、最も重要なのは相談者を幸せにすることです。
例え、占いで良くない結果が出たとしても、相談者が不幸になるような結果の伝え方をするのは、仕事としては良くありません。
占い師はある意味で人気商売ですので、こちらの伝え方や相手の捉え方を考慮する必要があるでしょう。
ただし、人気のある易者はほんの一握りで、ほとんどの方が易者のほかに仕事を持っていたり、易者として成功するのを諦めて辞めてしまう方が多いようです。

«
»