生年月日占いで分かること

運勢占い

生年月日は、必ず一人に1つずつあるものです。
そして生年月日によって、それぞれの運勢は大まかに決まっています。
もちろん、同じ生年月日であっても全く同じ人生を歩むわけではありませんが、大まかな流れには共通点を見つけることができるでしょう。
生まれた日によって太陽の位置に違いがあり、さらに星座の位置にも違いはあります。
人の運勢は天体によって司られているところがあり、生年月日占いや占星術では、生まれた日の天体の様子でその人の運勢が決められていると言っても過言ではありません。
詳細を知る必要がある場合は、生年月日に加えて生まれた時間を情報として提示することで、さらに詳しい内容を知ることができるでしょう。

しかし世の中には、双子でなくても同じ生年月日の人はいるものです。
生年月日が同じ人は、似たような人生を歩んでいるのでしょうか。
大まかな流れでの共通点とは、どの程度の共通点なのでしょう。

人は過去世からのカルマを持ち越して生まれる場合があります。
ほとんどの方が、カルマを持って生まれてきているでしょう。
それぞれのカルマが運勢に影響することで、生年月日が一致していても同じ人生を生きている人など皆無です。
しかし例えば、くじ運がやたらといい人がいますが、宝くじの高額当選者の中には同じ生年月日のグループがいくつかできます。
また、芸能人が多い生年月日や、会社経営者に多い生年月日など、様々な分野で生年月日で括りを作ってみると、面白い結果が見られます。

性格占い

血液型占いや占星術など、様々な占いで性格を知ることができますが、生年月日占いでもまた、性格を知ることができます。
運勢同様、生まれた日の太陽の位置や星座の位置などによって、正確に違いが現れます。
しかし双子は同じ日に生まれますが、性格が全く同じだとは限りません。
それはナゼでしょう。
双子には一卵性双生児と二卵性双生児がいますが、いずれかによっても違いはありますし、生まれた時間によっても違いは出ます。
しかし双子が離れ離れで生活をしている場合でも、お互いに知らされることなく同じ人生を歩んでいる例は多く、これは偶然とは言えないところがあります。
同じ時期の骨折や、同じ時期の失恋、同じ時期に結婚をして同じ時期に子どもを生んで、離婚の時期まで一致すると言います。
また、好きな歌と嫌いな歌、好きな食べ物と嫌いな食べ物などの一致も見られるそうです。
しかし双子は血を分けた兄弟だから、と考えれば一致することも不思議ではないかもしれませんね。

では他人の例で見てみると、どうでしょう。
もちろん同じ生年月日の人たちが集まっても、同じ性格のばかりだということはありません。
しかしボランティア参加者や懸賞応募者など、様々な括りで生年月日の調査をしてみると、面白いことにいくつかの傾向が見えてきます。
そうなるとやはり、同じ生年月日であることで性格に影響を与えることは否めないでしょう。

相性占い

生年月日によって性格が分かるのだとしたら、自分以外の人の性格も生年月日さえ分かれば知ることが可能ですね。
相性というのは自分と相手の性格が合うことですが、元々は陰陽五行説で男女の性格が合うことを指すもので、生年月日を五行に割り当てて『水と木』『土と金』を相性とし、結婚をする際に参考にしていたものでした。
つまり、相性は生年月日によって決められていたということです。

現在、様々な形で相性を占うことが可能ですが、中でも生年月日は非常に細かく相性を知ることができます。
例えば、血液型の場合はA・B・AB・Oの4つの血液型、占星術では12個の星座ですが、生年月日は365日(366日)あります。
1日の違いで性格の違いも知ることができますので、非常に多くのパターンがあり、相性もまたより細かに知ることができます。

気になる人との相性や、会社の上司や学校の先生など、或いは嫁姑の相性なども占うことができますね。
生まれた日が決めた相性を知ることで、付き合い方を考えることができますし、関係性の作り方も工夫のしようがあるでしょう。
ただし、生年月日占いが全てではありませんので、参考にする程度にしてください。

恋愛占い

占いの中で広い年代で最も興味を持たれているのが、恋愛占いでしょう。
恋愛占いには様々な見方があります。

①相手との相性。
②現在の関係性。
③発展する時期。
④停滞期。
⑤結婚の可能性。

人と人との関係には、必ず発展する時期と停滞する時期があります。
停滞する時期を知っておくことで、そのことを深刻に受け止めることなく、「そういう時期」だと割り切ることができるでしょう。
また、そもそも相性の良くない相手との恋愛は、心を傷つけあったりお互いに疲れてしまうケースが少なくありません。
好きな感情があれば、相性が悪いというだけでは諦められないかもしれませんが、傷ついたり悲しい思いをしたときには相性が悪いということを納得することができるでしょう。
さらに付き合いが長くなってくることで、結婚が気になる始めるかもしれません。
しかし結婚の縁がない相手とは、どんなに結婚の話しが出ても実際に結婚するところまで話しが進むと破談になったり、何か結婚できない理由ができてしまいます。
恋愛と結婚の縁は、必ずしも一致するものではありません。
ですから占いで相性を知ることで、ある程度基礎となる知識を頭に入れておくことをお勧めします。
占いは、実は非常に実用的な利用の仕方ができるものです。
そのためにも定期的に占ってみることをお勧めします。

«
»