レイキって一体なに?

レイキは気のエネルギー

『レイキ』を知っていますか。
実は『レイキ』は、誰にでも流れているものです。
ただし、一般的には量が多くはありませんし、『レイキ』を実感して生活している人はほとんどいないでしょう。
人間に限らず、全ての生き物には『レイキ』が流れており、それは自然なことだと捉えてください。
生き物はみんな、何かしらの形で栄養を補給し、活動をしています。
人間の場合は、三食の食事と十分な水分でエネルギーを作っていますね。
しかし実は、それだけでは日常的に活動を継続させることはできません。
そこに必要なのは“気”のエネルギーです。
もうお分かりですね。
『レイキ』は“気”のエネルギーなのです。

『レイキ』は、意図せずにで手から放出されている、誰でも使うことができる自然な気です。
日本には“手当て”という言葉がありますが、手当てで送られるのが『レイキ』であり、それによって様々な作用が起こります。

・緊張の緩和
・ストレスの軽減
・心身の不調
・ケガ
・病気

特に念じる必要はありませんし、何かをイメージする必要もありません。
ただ手を当てることでレイキが流れ、相手に足りないレイキを補うことで、その人が持っている治癒力を活性化させることができるのです。
ですからレイキヒーリングを行うには、特別な環境や道具は必要ありません。

レイキヒーリングには特別な能力が必要か?

特別な環境や道具を使わずに行うことができるレイキヒーリングですが、特別な能力は必要なのでしょうか。
一般的にも多少は流れているレイキですが、ヒーリングを行うとなるとそれなりの能力がなければできないのではないか、と考えるのが一般的でしょう。
しかし実は、レイキヒーリングを行うには特別な能力は必要ありません。

レイキは、レイキエネルギーと周波数を合わせて収集することで、誰でもレイキヒーリングを行うことができます。
専門知識や経験などは必要なく、レイキヒーリングを行うことができるようになります。
また、高い集中力などは必要なく、手を当てたり、遠隔でエネルギーを繋げることで、相手にエネルギーを流すことが可能です。
さらに、レイキエネルギーはレベルダウンするようなことがなく、一定レベルを維持することが可能です。
ですから、若い頃にレイキヒーリングをしていて、何十年もブランクがあったとしても、ヒーリングをする力が衰えることはありません。
そしてレイキエネルギーは、ヒーリングを受ける人の必要な箇所へと必要なエネルギーが流れるため、全く調整の必要はありません。
ただ、何も考えずに手を当てることで、ヒーリングを行うことができるのです。
相手から邪気を受けることがないため、リスクはほとんどありません。
赤ちゃんから高齢者まで誰に対しても行うことができ、さらに人間だけでなく、動物や植物、空気の浄化などにも活用することができます。
そしてレイキヒーリングを行うことで、非常に効果的に魂を成長させることができます。
レイキヒーリングでは高い波動と繋がるため、意識レベルを高め、カルマやトラウマ、心の傷にも効果が期待できるでしょう。

レイキヒーリングを受けると霊媒体質になるのか?

レイキヒーリングは、スピリチュアル的には何の不思議もないことですが、人によっては「不気味だ」「霊が体に入るんじゃないの?」「憑りつかれることもあるんでしょう?」などと思うかもしれませんね。
そのことによって霊媒体質になってしまうことを心配される方もいるでしょう。
しかし実際にはそんな心配をする必要はありません。
レイキヒーリングは霊的なものではありませんし、誰でも持っているエネルギーを使ったヒーリングですので、『霊媒体質になる』などということが起こることはありません。
レイキヒーリングは、不足しているエネルギーを受け取り、乱れたレイキの流れを整えるものです。
ですから霊が登場することはありませんし、怖い思いをする心配もありません。

また、レイキエネルギーを受け取るために霊媒体質である必要はありませんし、レイキエネルギーを送る側も霊媒体質である必要はありません。
レイキヒーリングと霊媒体質は、全く別の話しです。
怖がる必要は全くありませんので、気軽にレイキヒーリングを受けることをお勧めします。

遠隔ヒーリングとは

上記でもお話ししましたが、レイキヒーリングは相手に対して手を当てたり、かざすことでレイキエネルギーを送るヒーリングです。
しかしレイキヒーリングを行いたい相手が遠くに住んでいる場合、直接手を当てたりかざすことができません。
そのような場合に利用することができるのが『遠隔ヒーリング』です。
遠隔ヒーリングは、イメージすることで離れた相手にレイキエネルギーを送ることができ、受け取る側はまるでメールのように受け取ることができるのです。
遠隔ヒーリングでは、そのときリアルタイムでレイキエネルギーを受け取ることもできますし、相手の都合で日時を指定して送ることもできます。

さらに、既に亡くなった方にも送ることができるため、「もっとしてあげたかったことがあった」などの思いがある場合に活用すると良いですね。
また過去の心の傷が癒えない場合や後悔がある場合は、過去の自分にレイキヒーリングを行うこともできます。
遠隔ヒーリングは『祈りの効果』によく似ています。
エネルギーが純粋であるほど、分かりやすく効果を感じることができます。

«
»