スピリチュアルな好転反応

浄化によって起こる好転反応

浄化を行う際、それまでの形状を壊して新たな形を作る必要がある場合があります。
いわゆる“好転反応”ですね。

好転反応としては、『風邪症状』『腹痛』『頭痛』『肩こり』などの肉体的な反応もありますが、それだけではありません。
それまで仲の良かった友人と疎遠になったり、嫌な出来事が起こったり、大切な物が壊れたりと、一見ネガティブな事象に見舞われる場合もあります。
また、これまで我慢してきたことや不安や心配事などの負の感情が放出することもあります。
しかし心配は要りません。
好転反応は、処理できる準備が整ったことで起こる現象ですので、浄化が始まったと捉えてください。

好転反応が起こったとき、浄化が始まったことを理解して淡々とやり過ごすことができれば、浄化を完了させるまでの期間を比較的楽に過ごすことができるかもしれませんね。
しかしその時のネガティブな感情や状況に引っ張られてしまうことで、浄化が完了するまでの期間が長引くことが考えられます。
というのも、ネガティブな感情や状況に引っ張られてしまうことで、冒頭でお話ししたそれまでの形状を壊す作業が長引く可能性があるからです。
「浄化は喜ばしいこと」「有り難いこと」という考えを持ち、起こること全てをポジティブに捉えることが一つのポイントになるでしょう。
「今は膿を出している」「ネガティブなことは全て破壊される」と考えると、気持ちが楽になるかもしれませんね。

そして精神的な好転反応が進むと、次に起こるのが現実の変化です。
心が変わることで現実を動かすことができ、そのことによって人生の歯車は確実に変化します。
スピリチュアルでは、それまでの感情や状況を壊すことで現実が変わり始め、周囲がそれに合わせるように変化します。
あまりの変化に戸惑うことがあるかもしれませんが、きちんと浄化することができていれば、全ては必ず良い方向へと流れていきます。

潜在意識が起こす引き寄せの好転反応

引き寄せの法則をご存知でしょうか。
叶えたい願い事やなりたい自分を肯定し、「自分は既にそうである」と思い込むことでその波動を自分から発して、本物のその波動を引き寄せて願いを叶える方法です。
例えば、「お金持ちになりたい」と願っている場合は、「自分はお金持ちだ」としっかり思い込むことで“お金持ちの波動”を発することができます。
そしてその波動にお金持ちの波動が引き寄せられて、本当のお金持ちになる!というものです。
「そう思い込めばいいんだよね」や「本当になれるのかな」などと、微塵も思ってはいけません。
それが波動になって、お金持ちを引き寄せることができなくなるからです。

さて本題です。
この『引き寄せの法則』においても、好転反応が現れることがあります。

例えば、お金を引き寄せようとしたのに、財布を失くしてしまったり、予定外の大きな出費があるなど、逆にお金を失ってしまったり。
或いは結婚を希望して出会いを引き寄せようとしたのに、縁がなく、逆に孤独になってしまうなど。
そうした引き寄せの好転反応がある場合があります。
ほかにも、気分が滅入る、落ち込む、イライラ、悲しいなど、ネガティブな感情が現れたり、風邪症状や頭痛や肩こりなどの身体的な反応がある場合もあります。

引き寄せを叶えるためには、良い波動の状態を保つ必要があります。
ですから、それを敢えて邪魔するような出来事が起こったり、諦めるほど引きずり降ろそうとするのが好転反応です。
意識を高く持ち、現実に起きていることに引っ張られず、良い波動の状態を保つことです。

例えば、宝くじに当たることを引き寄せようとして、「自分は宝くじを買うと当たる」と思い込んで買い続けていたのに、数回当たらなかったことで現実に引きずられ、「やっぱり当たらないんだ」と思ってしまったところで引き寄せは失敗です。
当たらなかったのは好転反応、言わば試されていた期間です。
それでも「当たる」と信じ、思い込むことで、宝くじの当たりは引き寄せられるでしょう。

ヒーリングの好転反応

ヒーリングを受けて、その好転反応が怖くなって受けるのを辞めてしまう人がいます。
ヒーリングを受けた後は、浄化作用の一環として好転反応が起こり、倦怠感・頭痛・風邪症状・落ち込みなどが現れます。
また、感情が吹き出して怒りに満ちたり、イライラや悲しみなどできて不安定になるなど、人によって症状の出方は異なります。
ヒーリングを受ける以前に多くのものを溜め込んでしまっていると、好転反応で寝込む方もいるほどです
インナーチャイルドに直接ヒーリングを行ったケースでは、10日以上も涙が止まらなかったという例もあります。

しかし、ヒーリングにおける好転反応は浄化作用ですので、怖いものではありません。
一過性のもの、必ず通るもの、という風に捉えると良いでしょう。
何度かヒーリングを受けているうちに、好転反応は起こらなくなりますし、起こったとしても流れが分かるようになるのでやり過ごしことができるようにもなるでしょう。

また、特にヒーラーのヒーリングを受けなくても、パワースポットに行くことで好転反応が起こる場合もありますし、パワーストーンを持つことで起こることもあります。
好転反応は、起こったとしても怖がる必要はありません。

好転反応が起こる期間

好転反応が起こる期間は、その人によって異なります。
溜め込んでいる人ほど好転反応は強く長く起こる傾向にありますが、それは絶対ではありません。
差ほど溜め込んでいない人でも長引く人はいますし、かなり溜め込んでいるのが分かる人でも好転反応がない人もいます。
しかし「いつまで続くか分からない好転反応をやり過ごすのは難しい」という方は、2週間程度を目安に考えると良いでしょう。
2週間を超過する場合もありますし、数日で終わる場合もありますが、大体の目安として考えてください。

«
»