プレアデスを知っていますか?

プレアデス星人とは

プレアデス星人をご存知でしょうか。
“星人”ですから、宇宙人のことです。
宇宙人と言えば、大きな目、尖った鼻など、人間とは見た目の違う生物を思い浮かべるかもしれませんね。
しかしプレアデス星人はほとんど人間と同様の見た目を持っており、一見すると宇宙人だと気付きにくい外見を持っています。

プレアデスはプレアデス星団のことで、牡牛座に散らばる星団を指しています。
和名で『すばる』と言うと分かりやすいでしょう。
プレアデス星人は、このプレアデス星団に住んでいる生物なのです。
プレアデスは地球よりもはるかに文明が進んでおり、そこに住むプレアデス星人の思考も地球人と比べると非常に発達しています。
プレアデスには戦争はなく、美を愛し、平和を好む存在です。
実は、彼らは元々金星で生まれたのですが、文明の発達によりそれを広めるためにプレアデスに移住したとされています。
そして、さらに生まれ変わったことで地球に誕生していると言われています。
地球に誕生している?!と驚かれるかもしれませんが、実はプレアデス星人が地球人に生まれ変わるようになって数千年が経過しており、転生する際にプレアデスの記憶は消えてしまうようですが、地球に平和をもたらす使命を持って生まれてくるそうです。

世界中に愛される美しいプレアデス星団は、それにまつわる神話や言い伝えもたくさんあります。
日本でも清少納言が枕草子で『星はすばる』と書かれたように、古来からその美しさが評価されていたようです。

プレアデス星人と地球人の先祖は同じ

プレアデス星人は、元々は金星からプレアデスに移住したと言われています。
金星は太陽系で最初に誕生した星で、爆発の恐れがあり、さらに文明実験が行われました。
その実験に成功したことで、その成果を普及することを目的に、プレアデス星人が他の星に移動したとされています。

実は、そのプレアデス星人が地球人と同じ祖先を持っていると言われており、外見はほぼ地球人と同じ見た目を持っています。
そして数千年前から地球で、地球人として生活していると言われています。
どうやって地球にきたのか、それは生まれ変わり『転生』です。
先祖が同じということもあり、プレアデス星人と地球人は全く違和感なく生活を共にすることができ、平和をこよなく愛するプレアデス星人は地球に平和をもたらすことを目的としています。
というのも、プレアデスはとても平和な星で、愛に溢れ、争い事が一切起こらない星なのです。
単一民族である彼らは、戦争を起こすことがありません。
また、文明や化学の発達と共に、ヒーリングやスピリチュアルパワーの発達も目覚ましく、プレアデス星人には病気という概念は存在しません。
全てが癒しが起こることで病気の予兆を収め、調整することが可能だからです。

プレアデス星人は愛に満たされた魂

プレアデス星人から地球人に転生した魂は、愛に満たされた魂です。
しかし残念なことに地球には戦争があり、そのことにより地球に馴染めない魂も数多くあると言われています。

◆プレアデス星人の特徴◆

・孤独を愛し、一人を好む
・集団の中で浮いている感覚がある
・仲間に溶け込むことができない
・友達が少ない
・虐待やいじめの経験がある
・ポジティブで楽観的
・自由気ままな性格
・美意識が高い
・外見を気にするため、ナルシストの印象を持たれやすい

見た目は人間とほぼ同じで、美形が多いようです。
色白で大きなアーモンドアイが大きな特徴で、人に好まれやすい外見を持っています。
何よりも争いを好まず、愛情深いことがプレアデス星人の大きな特徴です。

プレアデスとシリウスの違い

実は地球人の85%以上が他の星から来ており、魂の機嫌は宇宙にあると言われています。
プレアデスのほかにも、“シリウス”“リラ”“ベガ”“ゼータ”などがあるとされています。

では、プレアデスとシリウスには、どんな違いがあるのでしょうか。
プレアデスとシリウスでは、人へのアプローチの仕方が大きく異なっています。

プレアデスは上記でもお話ししましたが、争い事を好まず、幸せや健康へと導きます。
音楽やアート、瞑想やオーガニック精神など、非常に広きに渡る文明を持ち、表現することや具体化することに高い意識を持っています。

一方シリウス意識は、育成に意識が向いている教師タイプで、個々の能力を重視しています。
依存を好まず、こだわりから解放されることを説くでしょう。
地球人は比較的感情が不安定な状態にあるため、どちらかというとプレアデスを受け入れやすく、地球人の中でも活躍の場が多いでしょう。

プレアデスは、長期に渡って主導権を握り、楽しみながら幸せを伝えてきています。
ただし、目覚めのキッカケや癒しになることはあっても、その先に進むことが難しい状態でした。
プレアデスは地球を快適な場所にすることに非常に意欲的ですが、同時に、現実は不安定で矛盾を感じる人が多くなっているようです。
彼らは非常に愛情深く、幸せを願い、友好的に頑張っているため、その現実を受け入れることが難しく、様々な方法で開発提案を繰り返しています。

シリウスは、指導育成という立場で『支配』『コントロール』の欲求に気づかないことがあります。
さらに自分自身を高めることにこだわり、自滅するように自身を苦しめ、追い込むようになることもあるようです。

«
»