スピリチュアルな能力…ソウルメイトとの出会いに気付きたい!

ソウルメイトとの関係

ソウルメイトは『魂の友』のことで、平たく言えば『運命の人』でしょうか。
ソウルメイトは、人生に絶大な影響を与える存在です。
しかし「私はあなたのソウルメイトです」とお互いに分かっているわけではありませんので、ソウルメイトと出会うことができたとしても、見極めるのは簡単なことではないでしょう。
中には出会った瞬間にお互いにソウルメイトであることが分かり、急激に惹かれ合うこともありますが、ソウルメイトを探し求めるあまり「ソウルメイトだと思ったけど違ったみたい」と勘違いに終わる場合もあります。

ソウルメイトとは、ただ仲が良いということだけで片付けることのできない関係性を持っており、運命的に引き寄せられて出会う特別な関係です。
恋人や結婚相手になるものだと捉えている方が多いようですが、間柄は多岐に渡ります。

・恋人
・配偶者
・親子
・兄弟姉妹
・友人
・仕事や人生の重要なことに導いた人
・ビジネスパートナー

ほかにも同じスポーツのライバルとしてお互いを高め合う関係や、師匠と弟子の関係などがあります。
つまり、異性同士の場合と同性同士の場合があるということで、性別を超えた繋がりを持っています。
また、家柄や収入や仕事、人種や国境、宗教などの垣根もそこにはありません。
そして実は、ソウルメイトは一人だけだと思っている方が多いようですが、一人とは限りません。
人数の決まりはないため、人によって人数の差があるでしょう。
『魂の友』であるソウルメイトは、過去世で関わりを持った人です。
現世で出会うべくして出会い、お互いの魂の成長を促し合う関係です。
ですから現世で出会うことができれば、表面上の幸せではなく、人生に多大な影響を与えるような出来事を乗り越えたり、命にも代えるような支えを受けるなど、心からの信頼関係を結ぶことができるでしょう。

魂が引き寄せ合うソウルメイト

スピリチュアルでは、出会いは偶然ではなく必然だとされています。
ソウルメイトとの出会いは、過去世からの関わりの中でお互いに引き寄せ合い、縁を結ぶ形で生まれます。
では、ソウルメイトは過去世でどんな関係だったことが考えられるでしょうか。

魂は輪廻転生を繰り返し、肉体が滅びてもなくなることはありません。
しかし、また別の肉体に宿るべく一つの命として舞い降りた瞬間、過去世の記憶は消えてしまいます。
明確な記憶は消えてしまっても、魂が断片的に覚えていることがあります。
ですから初めて行った場所でも「懐かしい」と感じたり、理由は分からないけど怖いと感じることがあったりするのです。

過去世で何度も出会い、何度も辛い別れを経験した恋人同士は、現世でまた幸せになるために出会うことがあります。
過去世では争いごとの敵同士だった関係でも、「来世ではお互いに助け合う関係で出会おう」と約束をしたかもしれません。
親が決めた結婚をさせられて、無理矢理別れなければいけなかった恋人同士が、「来世では絶対に幸せになろう」と誓い合ったかもしれません。
そうした思いはカルマとなって、現世で生まれたときに人生の課題となるでしょう。
カルマは悪いものだと思っている方が多いようですが、そんなことはありません。
思い残したこと、やり残したことなど、良いことや思いなどもカルマとなって残るのです。

ソウルメイトの特徴

では、そのソウルメイトを出会ったときに、人は気付くことができるのでしょうか。
肝心なのはそこです。
ソウルメイトの存在がどんなに重要で大切か、どれほど人生に影響を与える存在なのか分かったとしても、肝心のソウルメイトに気付くことができなければ本末転倒です。

実はソウルメイトと出会った場合、自分自身が下記のような状態になります。

・本音で話せる
人は本音と建前があり、大人になると世間に通用する常識を建て前として会話をし、本音はだせなくなりますが、ソウルメイトには弱音など本音を話してしまいます。

・安心感を感じられる
一緒にいる時間がホッとする時間となるでしょう。常に調和が取れた状況で、不協和音を奏でることはありません。

・相手の欠点が気にならない
通常、欠点は目に付くものだし、気になるものですが、ソウルメイトの場合は全く気になることがありません。

・黙っていても伝わるものがある
全てを説明しなくても相手から伝わるものがあり、そのときの感情や言いたいことを理解することができます。

・ケンカは納得するまで本音で
ケンカをしたときには、お互いに感じたことを真っ直ぐにぶつけあったり、思っていることを知るキッカケになり、結果的に実りの多いものとなるでしょう。

・気付きが多く学びとなる
会話や一緒に行動する中で感情の動きが大きくなり、新たな気付きや学びとなる経験をします。

・偶然の一致が多い
前日の食事が同じものだったり、読んでいる本が同じだったり、行ったことがある海外が同じなど、偶然一致するものが非常に多いのも特徴です。

・共感し受け入れられる
人は誰でも、相手のことを全て理解することはできませんが、ソウルメイトはお互いのことをすんなり受け入れることができます。

ソウルメイトとの出会い方

ソウルメイトとどんな形で出会うのか、それは決まっていません。
ですから、ソウルメイトなのに気付くことができないということもあるでしょう。

例えば、恋人としては全く上手くいかず、結果的に別れてしまった相手でも、仕事ではツーカーの名コンビになる場合があります。
この関係は異性関係ではなく、仕事を通したソウルメイトである可能性があります。
また、古い付き合いでソウルメイトと言える関係であったにも関わらず、何かの拍子に恋人になった途端に関係性が変わってしまいすぐに別れてしまった、ということもありますね。
ソウルメイトの出会いは、それ相応の関係性でいることが大切です。
前世でやり残したことをお互いの関係で成就させようとするため、違った関係を築こうとした途端に壊れてしまうのです。
最も良い関係性を築くことで、ソウルメイトとの出会いに気付くことができるでしょう。

«
»