スピリチュアルの視点で見る疲れやすい人

エネルギーに疲れてしまう人

人に会うと疲れる、人混みに行くと疲れる、という人がいます。
そういう人の中には、『エネルギーに疲れてしまう人』がいます。
恐らく、ご本人は「なるほど!」と納得できるでしょう。
エネルギーに疲れてしまう人は、“繊細である”“敏感な体質”“優しい”方が多く、“接客業やサービス業など人と間近で関わったり体に触れる仕事をしている方”が多いようです。
ただし、人によっては全て当てはまってもエネルギーに疲れない人もいます。

このような人は、無意識のうちに相手のエネルギーを敏感に感じ取り、気付いたときには疲れています。
また、優しさ故に、悩んでいる人や困っている人に対して、「助けたい」「何かしてあげたい」とすぐに思ってしまうことで、相手のネガティブなエネルギーを受け取ってしまうのです。
こうしたことは、自分の波長を相手の波長に同調させてしまうことになりますので、それで疲れてしまうのです。
接客業やサービス業などでは日常体に多くの人と関わるため、非常に疲れが溜まりやすいということです。

エネルギーに疲れないためには。
・自分と相手の間に境界線を引くこと。
・波長を合わせないこと。

この2つを守ることで、防ぐことができるでしょう。

エネルギーに疲れてしまう人は、相手が好きな人であっても疲れてしまいます。
好き嫌いに関係なく、自分とは別のエネルギーに疲れてしまうのです。
また、相手があまり幸せな状況ではないときや自分に依存しようとするとき、マイナスのエネルギーを発しているときなど、良くないエネルギーを感じることになりますのでそれだけ大きな負担を受けることになります。
ですから波長を合わせず、境界線をしっかり引くことが重要なのです。

しかしどんな人でも、人と一切関わらずに生きていくことはできません。
ですからエネルギーに疲れないためには、自分が幸せであることが大切です。
そして自分を労わり、癒すことも忘れてはいけません。

エンパス体質とは

『エンパス』という言葉をご存知でしょうか。
エンパスは、人の体質のようなものを指す言葉です。
エンパス体質の人は、他人との共感力が非常に高いため、上記の『人のエネルギーに疲れてしまう人』の中にも当てはまる方がいます。
またエンパスの人は、“意識的に”“無意識に”を問わず、霊的な成長を望んでいます。
エンパスは他人が感じていることを自分のことのように感じる能力で、そのことにより人との関わりや人混みが苦手な人も多いでしょう。
繊細で敏感な感性を持っているため、本人が望むか望まないかに関わらず相談されることが多く、人をサポートすることも多いでしょう。
人を深く理解することができる能力があるため、ヒーラーやセラピストなどの霊的な仕事に向いていると言えますね。

ただし、ほとんどの方は自分がエンパスだということに気付いていません。
まずは自覚することが大切ですね。
しかしエンパスをマイナス要素として捉える必要はありません。
エンパスは、現世で与えられた能力だと考えましょう。
きちんと特性を知った上で、そういう自分を折り合いを付けることも大切です。
また、自分を守る術を知り、疲弊しない工夫を身に付けることも必要ですね。

スピリチュアル的、猛烈に眠いわけ

寝ても寝ても眠い・・・。
1日中わけも分からず眠い・・・。
猛烈な眠気に襲われる・・。

このようなことがありませんか。
スピリチュアルの世界では、この眠気にも理由があります。
では、ここでは眠気の理由を考えてみましょう。

・心身の疲労

魂が宿る肉体が疲労しているときは、魂が肉体を強制的に休ませようとします。
ストレスや精神的疲労が多い場合や、肉体的疲労を感じている場合は、魂も身動きが鈍くなります。
要は、オーバーホールが必要になったということですね。

・大きな変化の予兆

魂は人生の全てを把握していますので、大きな変化が起こる前には十分に休息を取る必要があります。
これは必要な休養ですので、しっかり睡眠をとってエネルギーを蓄える必要がありますね。試練を乗り越えるときなど。

・メッセージを受け取る

魂がメッセージを伝える場合、潜在意識にアクセスをして受け取りやすくします。
強い眠気があるのは顕在意識を眠らせることが目的で、そうすることで潜在意識にアクセスしやすくなるのです。

・魂の疲労

魂が疲労して、眠気が猛烈に襲っている場合があります。
魂の疲労は、多くは生き霊や低俗霊に取り憑かれる『霊障(れいしょう)』という現象が考えられます。
感情や肉体のコントロールを奪われ、悪いものへの依存や発狂するような怒り、苦しみに耐えきれず自殺する場合もあります。
対処法としてはしっかりと睡眠を取ることが大切ですが、ただ眠るよりも風水などを利用して魂が休息することができる環境を作ることをお勧めします。
また、寝室は清潔にし、シーツや枕カバーをキレイなものと交換し、換気をして寝室の空気を新鮮なものに換えましょう。
深く上質な睡眠を取ることが大切です。

仕事や人生に疲れたとき

仕事の内容や人間関係、失敗や業績不振など、仕事にはたくさんのストレスの原因があります。
また、そのことが原因で生きていくのが嫌になってしまったり、家族や友人関係の問題や経済的な問題、健康面での問題などが重なると、人生そのものに疲れたと感じることがあるかもしれません。
そんなときには絶対に無理をしないことです。
「頑張らなくちゃいけない」
「自分の責任だ」
「しっかりしなければ」
などと自分を叱咤激励するのは悪いことではありませんが、そのときの自分の状況を考慮する必要がありますね。
心身が疲れているときには、魂が「休みなさい」とメッセージを送ります。
恐らく、そんな状態になる前からメッセージは受け取っていたはずです。
魂のメッセージを無視しても、いいことなどありませんよ。

仕事をしていると、多くの人と関わる場面があります。
エネルギーに疲れてしまう人にとっては、それだけで疲労感を感じるはずです。
自分に関心を持ち、魂のメッセージに意識を傾け、きちんと休息を取りましょう。

«
»