スピリチュアルな話し:チャクラってなに?

チャクラはエネルギーの出入り口

チャクラは人間の体に存在するもので、エネルギーの出入り口です。
体の前面と背面に全部で7つあり、チャクラの場所は下記の通りとなっています。

・第一チャクラ = 尾てい骨
・第二チャクラ    = 臍の下
・第三チャクラ    = 胃
・第四チャクラ    = 心臓
・第五チャクラ    = 喉
・第六チャクラ    = 眉間
・第七チャクラ    = 頭頂部

チャクラは体から2cm程度浮いたところにあり、エネルギーがスムーズに流れてそれぞれのチャクラに伝わることができていれば、心身ともに健康でいることができます。
どういうことかと言うと、大地からのエネルギーは第一チャクラから入り、第二第三とチャクラを上昇しながら第六まで伝わり、第七チャクラから宇宙に放たれます。
同時に、第七チャクラから宇宙のエネルギーが入り、第六第五とチャクラを下降しながら第二まで伝わり、宇宙のエネルギーは第一チャクラから大地へと放たれます。
大地~宇宙へ放たれるエネルギーと宇宙~大地へ放たれるエネルギーは螺旋状に渦巻き、それぞれのチャクラに伝わります。

チャクラを整える方法

チャクラがどんなものか、お分かりいただけたでしょうか。
チャクラを整えることでエネルギーの流れをスムーズにし、心身が整って元気になることができます。
では、チャクラを整えるには、どんなことをしたら良いのでしょう。

人の体は実際に存在する物体ですが、それだけで成り立っているわけではありません。
体の中には目に見えないエネルギーである“気”が存在し、気の集合体がいわゆる“オーラ”と呼ばれる体を包む部分です。
つまり人の体は、目に見えるものと見えないものが合わさってできているということです。

人の気配を感じることがありますが、気配は心の動きがオーラとなって出ていることで情報を発し、周りの人に感じさせる減少です。
精神的なエネルギーは、そのようにして外側に流れ出るのです。
心身ともに安定し調子が良ければ、オーラも活性化して元気な状態となりますが、不安定で不調な場合はオーラにもそれが現れます。

では、チャクラを活性化してエネルギーを円滑に流すためには、どのようしたら良いのでしょうか。
チャクラは、呼吸法で活性化することができます。

①臍の下に手を当て、丹田を意識して長く息を吐き出します。
②息を吐き切ったら、肩を楽にして自然と息を吸い込みます。

これだけです。
①~②を繰り返しながら、息を吐く際に不要なものやトラウマ、悪い気などが全部吐き出されるイメージをしてください。
息を吸うときは、第七チャクラ(頭頂部)から新鮮な良いエネルギーを取り込むことをイメージして吸い込んでください。
エネルギーは背骨に沿って流れ、それぞれのチャクラを通って丹田に溜まるイメージです。
姿勢は寝ていても良いですし、座って行っても良いです。
2~3分続けるとリラックスできますので、最後に「私は過去の記憶にある悪い感情を全て吐き出し、新鮮で良い宇宙のエネルギーを取り入れました」と宣言しましょう。
この言葉は“アファメーションの言葉”というもので、ほかにも「私は毎日豊かになっています」「私は人生を思うように生きています」「私はいつも明るく笑顔です」「私は幸せです」「全てのものに感謝します」などの言葉でも良いのです。
書き留めておいて忘れずに言うようにしてください。

この流れを3週間(21日間)続けてください。
ご自身も周りの環境も変化していくのを実感することができるでしょう。

また、呼吸法とは別に、パワーストーンの働きと自分のエネルギーの調和を重ねることでチャクラを活性化することもできます。
ただしパワーストーンで全てが良くなるということはなく、パワーストーンの特性をご自身のエネルギーにシンクロさせるイメージができると、パワーストーンの力を発揮させることができます。
チャクラにはそれぞれ対応する色があり、その色のストーンで活性化をすることができます。

第一チャクラ = 赤(カーネリアン)生命力活性化や血流改善に有効
第二チャクラ = オレンジ色(タイガーアイ)丹田にエネルギーを集めることに有効
第三チャクラ = 黄色(シトリン=黄水晶)繁栄の効果
第四チャクラ = 緑色(インド翡翠)心をリラックスさせる効果
第五チャクラ = 青(エンジェライト)穏やかな心を育む効果
第六チャクラ = 濃紺(ラピスラズリ)厄除け・身代りのお守り
第七チャクラ = 紫(アメジスト)インスピレーションを高めて霊性を守る

パワーストーンの特徴を知り、エネルギーの流れを整えるイメージしてください。

スピリチュアルな胃痛のメッセージ

飲み過ぎや食べ過ぎ、ストレスなどが原因で胃痛が起こることがあります。
食べ過ぎや飲み過ぎは、直接胃に負担がかかることなので胃痛が起こることにも納得できますが、ストレスで胃が痛くなるのは何故でしょう。
考えてみてください。
ストレスで不調を訴えるなら、体のほかの部分に症状が現れても良いはずです。
しかしストレスで胃痛の症状だけが出るケースはよくあることですね。
では何故胃なのでしょう。

実は、胃痛にはスピリチュアルな意味があります。
胃痛を起こすことで、スピリチュアルなメッセージに気付くこと促しているのです。
では、スピリチュアルな胃痛の意味は、どんな意味があるのでしょうか。

“孤独になってしまいますよ”

そういうメッセージです。

自分一人で問題を背負い込んで、同僚や友人、家族など、周りの人を寄せ付けないオーラが出ており、無意識のうちに周囲の人から遠ざかっているのです。
そのようなとき、胃痛でスピリチュアルなメッセージが届けられます。
胃痛を感じたら、冷静に周りを見てみましょう。
甘えることも、悩みを打ち明けることも、手伝いをお願いすることも、人には必要なのです。
“孤独になってしまいますよ”胃痛のメッセージを受け取ったら、自分を見つめ直しましょう。

チャクラを開くと人生が変わる

チャクラのバランスが整えられると、調和が取れて心身ともに安定します。
そしてチャクラが持つ潜在能力を引き出し、フルのエネルギーを活かすことが可能です。
そのことにより人生を好転させ、魂の成長を促します。

「そんなことで人生が変わるの?」と半信半疑の方もいるかもしれませんね。
まずは実行してください。
チャクラを開いて心身を整え、人生を素晴らしいものにしましょう。

«
»