本当のスピリチュアルな世界

自分自身と繋がるということ

ほとんどの方が、自分自身と繋がらない人生を歩んでいます。
自分自身と繋がるということは、本当の自分と繋がるということです。
「これが本当の自分です」と思っている方もいるでしょう。
しかしここでいう“本当の自分”は、『自分自身の一番奥の自分』『自分自身の魂』のことです。
本当の自分と繋がることで、本当の自分で生きるということです。
つまり、自分は二人いるということ。
自分自身と繋がることで本当の自分として生きる、つまり自分の中の二人の自分が一致した状態で統合して生きるということです。

自分自身と繋がることで、喜びと幸せで満たされ、心地よく楽しい人生になります。
ポジティブな感情・思考で満たされ、ネガティブな発想を持つことがなくなります。

では、自分と繋がらない人生は、どんな人生でしょうか。
人に煩わされ、ネガティブな感情や思考でいっぱいになり、不満や不安が常に付きまといます。
幸福感を感じるのは条件付きで、生きているだけでは意味はないとさえ感じてしまいます。
恨みや妬み、イライラ、怒り、悲しみ、苦しみを感じて生きています。
心当たりはありませんか。

しかしこれは本当の自分ではありません。
正確には『本当の自分として生きていない』ということです。
ただし、この自分もまた、大切な自分ですよね。
この自分と本当の自分が繋がることで、全てが好転し幸せな人生を歩むことができるのです。

自分自身と繋がる人生とは

自分自身と繋がる人生は、幸福で喜びに満ちた人生です。
本当の自分と繋がることで、全ての出来事を自分軸の視点で見ることができるようになります。
人のせいにすることがなくなるため、自分の中に物事が起こった原因を見つけ出すことができるようになり、誰かを恨んだり怒りに満ちることはなくなるのです。
明らかに誰かが悪いと分かることでも、そのことが起こった原因は自分にあり、そのせいで誰かに嫌なことをされたという視点を持つことができます。
“原因は自分にあるから、自分に返ってきた”という思考、つまり自分軸で生きることができるのです。
自分軸でいることで、全てをポジティブに受け止めることができるようになり、結果、幸福感に満たされます。
そして自分軸でいることで、自分を変えることもできますし、誰かに腹を立てることもなくなるます。
誰かに腹を立てても、人を変えることはできません。
全てを自分軸で受け止めることで、全てを思い通りにすることができるのです。
自分自身と繋がる人生こそ、幸せで充実した人生と言えるでしょう。

自分と繋がる方法はいくつかありますが、自分でできる方法に“瞑想”があります。
本当の自分をスピリチュアルでは“ハイヤーセルフ”と呼びますが、ハイヤーセルフと繋がるには、欲・不安・怒り・トラウマなど、つい考えてしまうことを頭の中を『無』の状態にしてリセットする瞑想がお勧めです。
毎日積み重ねることで自分自身と深い繋がりを持つことができ、幸福に満ちた人生を送ることができるようになるでしょう。

守護霊の存在を知る

守護霊に感謝を伝えたことがありますか?
感謝を伝えることは非常に大切なことで、且つとても簡単に行うことができます。
心の中で守護霊に対して感謝を伝えるだけで、その効果は十分です。
霊感は必要ありません。
「ありがとう」と伝えてください。

①心を落ち着ける

リラックスして心を落ち着けましょう。
アロマやヒーリグミュージックがあれば良いですが、なくても問題はありません。
入浴をしてリラックスするのも良いですね。
穏やかな気持ちになったら、感謝を伝えます。

②肯定的な良い意味の言葉

肯定的な言葉は、波動を高めることに繋がります。
逆に、否定的な言葉は波動を弱めます。
ですから、肉体を持たずに波動で存在する守護霊に対しては決して発してはいけません。
素直に感謝の言葉を伝えましょう。

③守護霊の波動を高める

感謝を伝えることより高い効果があるのが、お墓参りです。
年に数回しか行く機会がない場合は、できるだけ念入りにキレイに掃除をしてください。

④自分の波動を高める

自分の波動を高めることは、守護霊を喜ばせることになります。
自然由来の食生活を心掛け、化学調味料やよく分からない調味料などは控えるようにしましょう。
また、カフェインなどの刺激の強い嗜好品も良くないですね。
その時期の旬の食材は、その食材自体の波動が高いため、非常に良い影響を与えます。
ポジティブな言葉を発し、笑顔で日常を送ることを心掛けましょう。

⑤ネガティブな思考は置いてくる

仕事や人間関係で、ネガティブな感情を持つことは誰でもあることです。
その感情や思考は、外に置いてくるようにしましょう。

⑥起こった出来事に感謝する

物事が起こるのは全て必然、偶然などないのです。
嬉しいこと良いことはもちろんのこと、嫌なことや悲しいことにも感謝するようにしてください。
起こったことは守護霊のメッセージだと受け止めることができれば、どんな出来事にも感謝することができるでしょう。

守護霊への感謝の気持ちを、いつ何時どんなときでも持ち続けることができればベストです。
全てのことは守護霊のメッセージであり、私たちは常に守護霊に守られているということを忘れてはいけません。

自分に意識を向けること

“自分自身と繋がること”“守護霊に感謝すること”この2つを意識するということは、イコール自分に意識を向けるということです。
誰でも目に見えることは分かりやすく、自分自身のことであってもそれは同様のことが言えます。
人間は肉体を持っていますが、本当の自分は“魂”です。
そして、全ての出来事は必然であり、守護霊のメッセージなのです。
つまり、常に自分に意識を向けることが重要で、自分軸で物事を捉えることで全てに感謝をすることができるようになるということですね。

自分に意識を向けるということは初めから簡単にできることではありませんが、このページを読んだことをキッカケに意識を向けてみませんか。
幸福感に包まれる自分、満足した人生を生きる自分、不満や不安がない自分、いつも笑っている自分、素晴らしいとは思いませんか。
大丈夫です。それは特別な人間でなければできないことではなく、あなたにもできることなのです。
幸せになりましょう。

«
»