スピリチュアルの波動とは?

波動はエネルギー

スピリチュアルでは『波動』を正しく理解して高めることで、良い運気や出来事を引き寄せることはできるとされています。
波動は、この世の全てのものが発しているもので、草や木、石ころでさえも波動を発しています。
人間はもちろん、ライオンやキリンなどの大きな動物や小動物や小鳥からも波動が発せられているのです。
では、波動とは何なのでしょうか。
波動は簡単に言うと一種の『エネルギー』です。
波型に振動し、バイブレーションと言われているのが波動です。
波動は物体だけでなく、目で見ることのできない言葉や空間などからも発せられています。
エネルギーは高いほど強く低いほど弱いものですが、波動にも同様のことが言えます。
高い波動を持っていれば良い運気を引き寄せて良い出来事が起こりますし、低い波動では悪い運気や出来事を引き寄せることになります。
ですから波動を高めることで生活の質は向上させることができますし、人生は素晴らしいものになるでしょう。

波動を高めるためには

では、人は自分の波動を高めることができるのでしょうか。
もちろんできます。
第一に、波動を低くするような言動を慎みましょう。
例えば、ネガティブな発言や人の悪口、攻撃的な言葉を発することで、周囲の人の嫌悪感などを受け、波動が低くなることがあります。
周囲に悪い影響を与えるということは、その悪影響がそのまま自分に返ってくるということです。
逆に、ポジティブな発信をする人は、周囲に良い影響を与えて巻き込み、自分にもポジティブな運気や出来事として返ってきます。
波動を高めるためには、ネガティブな発想や発言を慎み、ポジティブな発言や発想を心掛けることです。

また、良い波動のものを食べ、良い波動の空間で過ごし、良い波動の美術鑑賞や映画鑑賞、ライブに行くのも良いですね。
人は、波動が合う人やものを引き寄せます。
つまり、一緒に過ごす人や友だちは、波動が合うということです。
しかしお付き合いのあった人と疎遠になったり、交流がなくなることもありますね。
それは波動の高低差ができたり、就職や結婚などで波動に変化が現れるからでしょう。
ですから引き合わない相手とは、無理に付き合わないことです。

また、盛り塩をしたり部屋の空気を毎朝入れ替えるなど、魂を浄化することも波動を高める方法の一つです。
1日を過ごすと、肉体や精神はもちろんのこと、魂も疲労や澱みを溜め込んでいます。
就寝中はストレスや疲労、澱みを吐き出す時間となりますので、朝起きたときには寝室は澱みが充満しているということです。
その中で過ごすと、再び澱みを体内に取り込むことになってしまいますので、必ず部屋の換気をしてください。

波動を高めることは、日常の心掛けで十分行うことが可能です。
気持ちが低迷しているときでも、笑顔を作ってポジティブな言葉を声に出して言ってみましょう。
必ず良い運気が訪れて、日常が豊かなものになります。

波動の低い人に受ける影響

高い波動は振動が微細で、愛を持ち、開放感を感じます。
低い波動は振動が荒く、冷たく悪寒を感じ、不快感や束縛感を感じます。
実際には、低い波動に比べて高い波動の方が影響力は強いのですが、場合によっては高い波動の人が低い波動の人に影響を受けることもあります。

波動が高い=強い・波動が低い=弱い、という形が一般的ですが、波動の低い人の中にも能力の高い人はいます。
中にはテレパシーや強い交信力を持っている人もいますし、人をコントロールしたり強い影響力を持っている人もいます。
そのような能力を持っている人の中には、自覚している人と無自覚の人がいますので、中には知らず知らずに相手に影響を与えている人もいるでしょう。
また、故意に相手をコントロールして、疲弊させる場合もあります。
いずれも波動が低い人は、相手に良い影響を与えることはありません。

波動の高い人は相手をコントロールするようなことはありませんので、一緒にいると元気になったり気分が高揚したりします。
ですから一緒にいて苦痛を感じたり、気分が落ち込むような場合は、相手が波動の低い人である可能性がありますね。
場合によっては、多少体調が悪かったり不安や恐怖心などで波動の低い方に周波数が合ってしまい、影響を受けることもあるようです。
心身の状態が悪くなったり、痺れや頭痛などが起きたり、常に一緒にいることで重大な病気を患う場合もありますので、なるべく近づかないに越したことはありません。
しかし波動が低いかどうかを見極められない場合もあるでしょう。
ですから、魂の浄化は必要なのです。
毎日の生活の中で、きちんと魂・精神・肉体を浄化することで、自分を守ることに繋がるのです。

波動が下がったときの対処法

波動が高い人、低い人がいることはお話ししましたね。
また、互いに影響し合うということもお分かりいただけたでしょうか。
つまり波動は、上がったり下がったりするものだということです。

では、波動が下がったときは、どんなことが起こるのでしょうか。
また、どんな風に対処したら良いでしょう。

波動が下がると、気分も低迷します。
イライラや落ち込みが起こりやすくなり、何事も上手くいきません。
お腹が痛くなったり頭痛がしたり、めまいや吐き気で悩まされる場合もあるでしょう。

波動が下がっていると判断した場合、どのように過ごすのが良いのでしょうか。
第一に、新しいことを始めてはいけません。
波動が低いときに始めたことは、トラブルや災難の原因になる恐れがあります。
またなるべく人との接触を避けた方が良いでしょう。
相手に影響を与える場合もありますし、波動が低いことで人との接触に疲弊することも考えられます。
この時期に人と接触することで、人間関係をこじらせてしまうケースもありますので、注意が必要ですね。
そして波動を高める効果のある行動をし、心を穏やかに過ごしましょう。
強すぎるパワースポットへ行くのはお勧めできません。
新鮮な食材で栄養を付け、十分な休息を取り、心地よい音楽などを聴いて過ごしましょう。
また、波動が上がってきたと感じても、いきなり大勢の人と会ったり長時間人と一緒に過ごすようなことをしてはいけません。
きちんとリハビリ期間を設けましょう。

«
»