精神世界の本を読んでみませんか

初心者におすすめの本

精神世界やスピリチュアルなどに興味を持つと、インターネットで検索をしたり、本を探したりしますね。
しかし精神世界やスピリチュアルは非常に広い世界を持っており、その入り口は1つや2つではありません。
もちろん興味を持ったところからは入れば良いのです。
決まりなどはありません。
しかしあまりに難しいところから入ってしまうと、興味が失せてしまったり、場合によっては嫌いになってしまうこともありますので、注意が必要です。

ここでいくつか初心者におすすめの本をご紹介します。

◆『前世療法』ブライアン・L. ワイス
ブライアン・L. ワイスの名前は、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この本は、「死とは?」「魂とは?」と言った誰でもが一度は抱く疑問に応える内容となっており、理解を深めることができるでしょう。
ブライアン・L. ワイス氏は精神科医で、患者のトラウマ治療において催眠療法を行い、トラウマの原因となった時点まで患者の意識を戻すことで治療を行ったことで有名です。
魂として人の人生を見て、生死だけでなく“どう生きるべきか”“何のための人生なのか”などが分かる本となっています。
『未来世療法』という続編の本も出版されており、こちらは未来世のお話しとなります。

◆『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる』ダリル・アンカ
この本はバシャールという宇宙人の視点で描かれており、地球人とコンタクトを取って、地球人がスピリチュアル的な進化を遂げるためのアドバイスをするという内容になっています。
『ワクワクすることをしよう』ということの深さを知ることができ、真面目に『ワクワクすること』を求める人生を考えるキッカケになる本とも言えるでしょう。
この本を読んで人生が変わったと言う人は、決して少なくありません。

引き寄せの法則に関する本を読むなら

精神世界の入り口が、『引き寄せの法則』に興味を持ったことから始まった、という方は多いでしょう。
『引き寄せの法則』に関する本は、書店で見ると分かりますが非常にたくさん出版されています。
望むものを思い通りに引き寄せる『引き寄せの法則』をマスターすることができれば、理想の人生を生きることができます。
しかし『引き寄せの法則』の本を選ぶ場合、どの本を読めばいいのか迷う方は多いでしょう。
初心者の方にも、全体像を知りたい方にも、法則を利用して引き寄せたいと思っている方にも、是非読んでいただきたい本を紹介します。

引き寄せの法則を実践するためには、法則の仕組みを正しく知ることが必要です。
また、法則を実践するためには、方法やコツなども1つではありませんので自分なりの方法を選択することをお勧めします。
無理のない方法を選択することで長続きさせることができますし、結果的に「気付いたら、望んだものを手に入れることができるようになった」と実感することができるでしょう。
有名人や著名人の体験談が記載された本も出版されていますので、そうしたものから読むのも良いでしょう。

・初心者

『引き寄せの教科書』奥平亜美衣著
『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』エスター&ジェリー・ヒックス著
『ザ・シークレット』ロンダ・バーン著
『引き寄せの法則 使いこなしブック』みちよ著

初心者の場合、上記の中から2冊を選んで読むことをお勧めします。
引き寄せの法則の全体像や基本の実践方法を知ることができますので、興味を深くすることができるでしょう。
また、2冊読むことで押えておきたいポイントが分かります。
望むことを引き寄せるために日常においてやるべきこと、やってはいけないことを知ることができます。

・中級者

『ザ・マジック』ロンダ・バーン著
『宇宙に上手にお願いする方法』 ピエール・フランク著
『願望物質化の『超』法則引き寄せの法則のマスターたちが隠す本物の「虎の巻」』ジュヌビエーブ・べーレン著
『実践 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』エスター&ジェリー・ヒックス著

中級者には、多少難しくても詳しい内容のものをお勧めします。
波動や内なる存在、ソースなどといった、専門的な内容が入ってきますので、理解が難しいときには何度でも戻って読み返しましょう。
引き寄せの法則に関するより深い解説が主な内容となりますが、その概念となる波動に焦点を当てています。
事例を紹介し、具体的な問題を介して解説していることで、より実践的だと言えます。

・上級者

『フィールド 響き合う生命・意識・宇宙』リン・マクタガート著
『思考のすごい力』 ブルース・リプトン著

この2冊は、初心者が読んでもほとんど意味を理解することができないでしょう。
それほど内容が濃く深いということです。
細胞生物学などの視点から、エネルギーや思考が細胞や人生にどのような影響をもたらすかを解説しています。
人の病気はDNAの影響によるものだと考えられていますが、基本的には細胞をとりまく物質的、或いはエネルギー的な環境に支配されたものだということなどが紹介されています。
不治の病の完治と心の関係、エネルギーとの関係、プラシーボ効果の本当の意味など、実例と合わせて紹介しています。
親子関係についてや、より良い人生を歩むためのヒントなども記載されています。

人気の本を知りたいなら

精神世界やスピリチュアルの本は、毎年非常に多く出版されています。
自分がどの本を読めばいいのか、どの著者がお勧めなのか悩む場合は、Amazonなどで『精神世界 本』『スピリチュアル 本』で検索すると売れ筋の人気の本を知ることができます。
よく売れている本は、それだけ分かりやすく万人受けしているということです。
最近はネットで本を購入する人が増えていますので、参考になる意見を知ることにも有効ですね。

好きな著者を覚えておきましょう

数冊の本を読んでいくと、自分に合った思想や読みやすい文体など、好きな著者が分かるようになるでしょう。
著者によっては数冊をシリーズとして執筆しており、徐々に内容を掘り下げていくこともありますので、買い求めることをお勧めします。
また、好きな著者の本ばかりを読むのではなく、別の著者の本を読むことで、表現や視点の違いで刺激を受ける場合もあります。

«