精神世界と現実、重要なのはバランス

現実の生活の中での精神世界の存在

人はみんな、現実の世界で生きて生活をしています。
人間関係や仕事やお金のことで悩みながら、それでも現実の世界で生きなければいけませんし、生活から逃げることはできません。
魂や守護霊の存在を知ったとしても、瞑想で人生を変えることができることを知ったとしても、精神世界について深く学びを得たとしても、現実の世界がなくなるわけではないのです。

ここ数年、スピリチュアルに関することに興味を持つ方が増え、多くの方が様々な形で情報を得ています。
テレビではスピリチュアルや精神世界に関する番組を制作し、雑誌でも特集を組まれ、たくさんの本が出版されました。
パワースポットが紹介されれば観光客が殺到し、多くの神社では参拝客が増加傾向にあります。
それは非常に良いことだと言えますね。
しかしその一方で、スピリチュアルや精神世界にのめり込んでハマってしまうのは、ある意味で非常に危険な状況だと言われています。
人はみんな、生きていかなければいけません。
魂は生きるために肉体に宿っているのです。
しかしスピリチュアルだ精神世界だと、物理世界を疎かにしてしまうのは本末転倒です。
人間の人生において、絶対的にお金は必要です。
生活し、食べていくためにはお金がなければいけません。
それはどんなヒーラーやスピリチュアルマスターでも同じです。
スピリチュアルや精神世界だけにどっぷり浸かっていては、生きていくことが困難になることも有り得ます。

“スピリチュアルな生き方”“物理世界で生きる”この2つは両立できますし、両立することで幸福に生きることができます。
豊かさは善です。
「金儲けなんて考えてはいけない」など、そんな考え方はナンセンスです。
お金を否定せず、感謝をして、豊かさを肯定することは善でしかありません。
そうした上でお金が集まり、人は豊かさの中で幸福になることができるのです。
心の豊かさは物理的な豊かさと繋がっています。
分けて考えることなどできません。
ただし、お金に“だけ”執着するのは好ましくありません。
執着は豊かさとは相反するところにあるものです。

精神世界と現実では、心の豊かさと物理的な豊かさの両方を得ることが、最もバランスが取れている状態だと言えるでしょう。

自分自身の心掛け

しかし気付いたときには、精神世界と現実のバランスが取れなくなって、現実が疎かになってしまう場合があります。
多くの方がそれが原因で精神を病んだり、幸福感を得られないことで精神世界を全否定してしまう事態に陥っています。

では、精神世界と現実のバランスを上手く取るためには、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。
第一に、バランスを取ることに気を取られず、自分自身が幸せであることを常に望むことです。
「私は幸せです」と言葉では唱えながら、「現実の生活よりスピリチュアルが大事だ」と深層心理で思っていては、現実を疎かにする結果しか待っていません。
美味しいものを食べ、好きな洋服を着て、心地よい音楽を聴き、感謝する気持ちを持って毎日を生きていきましょう。
そうです。現実こそが大切なのです。
魂の成長は、現実の充実なくして成し遂げることはできません。

「私は幸せです」この言葉が自分の中に根付くことで、必ず幸せを引き寄せることができます。
引き寄せられる幸せは、現実のものなのです。
自分は今ここに生まれて、幸せになるために生きているということを忘れてはいけません。

日々の瞑想

精神世界に興味を持った多くの方が、瞑想を毎日行っています。
アメリカでは“マインドフルネス(瞑想)”が大ブームとなっており、仕事の効率UPや自己肯定感を強くする人が増えています。
瞑想は、精神世界に触れる、最も手軽に行うことができる手段だと言えるでしょう。
精神世界に興味を持った人は様々な入り口から入ってきますが、ほとんどの方が瞑想を行うことから行動を起こします。
瞑想することは本当の自分を知ることに繋がり、さらに自分の生き方を変えるキッカケにもなるでしょう。

現実と精神世界のバランスが取れなくなったら、正しく瞑想をすることです。
自分自身の状況が分かり、軌道修正することができるでしょう。

うつ病の恐れを考慮すること

精神世界にどっぷり浸かってしまうと、人によっては現実の世界で生きることが虚しく感じてしまう場合があります。
「精神世界こそが本当の世界で、現実は虚像のように感じる」という感覚を持つようになると、それは危険信号です。
仕事や人との関わりや、食事をすることや物理的な喜びなど、全てが無駄でくだらないことのように感じてしまうことさえあるのです。

そこまでのめり込んでしまうと、現実の世界で生きていくことが困難になることがあります。
場合によってはうつ病を患い、社会生活を送ることに苦痛を感じて、仕事や友人や全てを手放してしまうこともあります。

精神世界は、現実の世界があってこその存在だということを忘れてはいけません。
もちろん、現実の世界は精神世界があってこその存在です。
両者はバランスが重要で、どちらも失うことはできないのです。
自分が夢中になり過ぎていると感じたら、一度リセットすることが必要です。
現実の生活で幸せになることが、精神世界との繋がりとなるのです。

«
»