精神世界が持つ意味

ニューエイジとは

ニューエイジは、1960年代~1970年代にアメリカの西海岸で生まれた霊的な思想のことです。
ところで『ニューエイジ』という言葉を聞いたことがありますか。
「初めて聞いた」という方もいるのではないでしょうか。
不思議ではありません。

それまでの宗教的思想を打ち砕く思想を持つニューエイジは、現代の精神世界の思想にも影響を与えました。
ニューエイジという言葉には、“新しい時代”“新しい世界”“新たな思想”という意味があるのです。

ニューエイジが発祥した当時、アメリカではアフリカ系アメリカ人の公民権運動やベトナム戦争への反戦運動が起こるなど、不安定な時代でした。
ロックが流行り、ドラッグやヒッピーが生まれたのもこの時代です。
科学的な発展だけでは世界が良くなることは望めないという考えで、既にある文化に対抗する思想として、スピリチュアルを追求する運動が起こったのです。
それがニューエイジです。

ニューエイジの思想は、『全ての人がスピリチュアルに覚醒し、意識レベルの向上が望める時代がくる』というものです。
超能力や霊能力など、それまでは隠れていた能力がめを覚まし、地球上のあらゆる存在と心で通じ合える世界です。
『愛し合い、全ての人が平和を望み、争うことがなくなる時代がくる』という思想です。
ニューエイジは、それまでの古い宗教的な教えは捨て、新たな思想を追い求めることを基本としています。

精神世界と哲学

哲学は精神世界に属するものだと考える方もいるようですが、実はこの2つは交わることはありません。

“哲学”は一つの学問で、思考を構築して証明するものです。
何らかの批判に対してもきちんと証明することができ、批判に崩れることは許されません。

一方、精神世界では、『神は存在する』としていますが、これを証明することはできないでしょう。
そこに例え揺るぎない思想があったとしても、一般的には証明ができないものです。
つまり、精神世界はある意味で主観的なものなのです。
何かを以て他者と共有することができず、他社に通じるものとは言い切れないものです。

しかし哲学は非常に客観的で、何かを以て他者との共有が可能です。
全てに根本原理があり、個人の思考や経験から原理や原則だけを抜粋して思考を重ね精査していくものです。
普遍性があり、一般的な良識人が納得できる妥当なもので、論理性がなければ哲学としては成立しませんね。

精神世界では、『死後の世界・・・云々』『魂は・・』『守護霊は・・・』などという話をしたところで、他者は納得して聞くことができるでしょうか。
精神世界で大切なのは、個人の精神です。
感じたことが正解であるか否かは、実がそれほど重大ではないのです。

精神世界とスピリチュアルの違い

精神世界とスピリチュアルは、同じものだと思っている方も多いのではないでしょうか。
確かに同じ括りにはなりますが、似て非なるものですね。
例えば、“健康であること”と“病気ではないこと”は一見同じことのようで違いますよね。
精神世界とスピリチュアルも、そのくらいの違いがあります。

スピリチャルは、簡単に言うと『エネルギー』や『波動』のことをいいます。
波動は、全ての物から発せられています。
人間や動物だけでなく、花や木、石ころからも波動は発せられているのです。
波動は、宗教ではありません。
霊的な思想ではありますが、宗教とは違い波動を高めることや魂の成長を目的としています。

精神世界は、波動を高めることには注目はしていません。
信仰や宗教に注目することで、思考や受け止め方を変え、心の在り方を変えることを目的としています。
ですから精神世界では、『あなたは選ばれた人!』という自分を特別視する意識を持ちますが、スピリチュアルでは全ての人々が同じ経験を得られるという特別感のない考え方となっています。

精神世界と宗教

精神世界とは、目に見えない思想を指します。
宗教は精神世界の中に含まれる一つの分野ですので、精神世界と宗教がイコールで結ばれることはありません。
精神世界は非常に大雑把な括りで、宗教は言わば精神世界を探求する方法の一つに過ぎません。
日本にはいくつもの新興宗教がありますが、新興宗教がいつまでも形を変えずに存在することはほとんどありません。
歴史的に見ても、当時は新興宗教の教祖だった存在が、時間の経過と共にその位置づけは変化しています。

新興宗教は、霊などの目に見えないものの存在を信じることから始まりますが、精神世界の探求には目に見えない存在を信じる必要はありません。
信じるものは“精神”で、決して霊や輪廻転生の話しではないのです。
つまり、精神世界の一部として新興宗教は存在し、世の中をどう解釈するか、思想をどう持つかの違いでしかありません。
見る角度が違えば、目に見えないものは霊であり輪廻転生ですが、それが霊や輪廻転生である必要はないということですね。

»